読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃめちゃ同棲生活

同棲生活に関して書いたりしている雑記です

2017年度WBCの日本代表のメンバー発表と開催までの日程

スポンサーリンク

どうも、なっつです。

 

普段あまり書くことのない野球関係なんですが、実はなっつは野球が好きなんです。

 

小学生から中学生まで野球をやっていたんですが、高校野球で頭を坊主にするのが嫌だったので野球を辞めてしまいました。

 

しかし、今は日本ハムファンとして野球を楽しんでみています!

 

待ちに待ったメンバーが発表されて野球ファンにとっては、WBCへの熱がさらに上がりますね。

 

2017年、第4回WBCのメンバー

 

北海道日本ハムファイターズ

大谷 翔平(投手) 増井 浩俊(投手) 宮西 尚生(投手) 大野 奨太(捕手) 中田 翔(内野手)

福岡ソフトバンクホークス

千賀 滉大(投手) 松田 宣浩(内野手) 内川 聖一(外野手)

千葉ロッテマリーンズ

石川 歩(投手)

埼玉西武ライオンズ

牧田 和久(投手) 秋山 翔吾(外野手)

東北楽天ゴールデンイーグルス

則本 昂大(投手) 松井 裕樹(投手) 嶋 基宏(捕手)

オリックス・バファローズ

平野 佳寿(投手)

読売ジャイアンツ

菅野 智之(投手) 小林 誠司(捕手)坂本 勇人(内野手)

阪神タイガース

藤浪 晋太郎(投手)

東京ヤクルトスワローズ

秋吉 亮(投手) 山田 哲人(内野手)

中日ドラゴンズ

岡田 俊哉(投手) 平田 良介(外野手)

広島東洋カープ

菊池 涼介(内野手) 鈴木 誠也(外野手)

横浜DeNAベイスターズ

筒香 嘉智(外野手)

 

メジャーリーガー 

ヒューストン・アストロズ

青木 宣親(外野手)

 

 

以上、27人が選ばれたのだが、残りの1枠は近日発表されるらしい。

 

 

見た感じですが、パリーグからの選出が多いですね。

 

しかし、WBCのメンバーも第1回の時と比べるとかなり変わりましたね。

 

2006年、第1回WBCのメンバー

 北海道日本ハムファイターズ

小笠原 道大(内野手)

福岡ソフトバンクホークス

和田 毅(投手) 杉内 俊哉(投手) 馬原 考浩(投手) 松中 信彦(内野手) 川崎 宗則(内野手)

 千葉ロッテマリーンズ

清水 直行(投手) 藤田 宗一(投手) 薮田 安彦(投手) 渡辺 俊介(投手) 小林 宏之(投手) 里崎 智也(捕手) 西岡 剛(内野手) 今江 敏晃(内野手)

西武ライオンズ(現在、埼玉西武ライオンズ)

松坂 大輔(投手) 和田 一浩(外野手)

読売ジャイアンツ

上原 浩治(投手)

阪神タイガース

久保田 智之(投手) 藤川 球児(投手)

東京ヤクルトスワローズ

石井 弘寿(投手) 岩村 明憲(内野手) 宮本 慎也(内野手) 青木 宣親(外野手)

中日ドラゴンズ

谷繁 元信(捕手) 福留 孝介(外野手)

広島東洋カープ

黒田 博樹(投手) 新井 貴浩(内野手)

横浜ベイスターズ(現在、横浜DeNAベイスターズ)

相川 亮二(捕手) 多村 仁(外野手) 金城 龍彦(外野手)

 

 

メジャーリーガー

 

テキサス・レンジャーズ

大塚 晶則(投手)

シアトル・マリナーズ

イチロー(外野手)

 

 

※黒田博樹選手の代わりに久保田智之選手

石井弘寿選手の代わりに馬原考浩選手

がケガなどで入れ替わりました。

 

 

 この年も比較的、パリーグの選手が多いですね。

ロッテの選手が多い!!

 

第1回WBCに出場経験のある選手で今年出場するのは青木 宣親選手だけなんですね!

 

青木選手以外の方はみんな違うので、第1回の時とメンバーを比べると時代を感じさせられますね。

 

2017年WBCの開幕までの予定

 

2月23日から宮崎県で合宿

 

2月28日と3月1日に台湾プロ選抜と壮行試合をヤフオクドームで行う

 

阪神タイガース、オリックスバファローズと強化試合を京セラドームで行う予定。

 

その後は、3月7日に行われる1次ラウンドの初戦であるキューバとの試合を迎える事になる。

 

 

まとめ

メンバーが27人決まりましたが、最後の1人が誰になるのかが楽しみですね!

 

WBC開催まで残り時間も少なくなってきたので、ケガをすることなく体の調整をおこなって欲しいなと思います。

 

大谷選手の活躍にはメジャーのスカウトもかなり注目される部分でしょう。

もちろん他の選手にも注目が集まる舞台でもあると思っています。

 

今年のWBCではどんなドラマが生まれるのかとても楽しみです!