読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃめちゃ同棲生活

同棲生活に関して書いたりしている雑記です

誰かの為になれる事。

スポンサーリンク

 彼とは同じ職場で出逢いましたが、仕事が朝夕晩の三交替なので勤務がズレるとなかなか逢えなくなる事が多い上に、休日出勤も多々あり、ふたりの時間がなかなか作れない状況でした。が、私の諸事情により引越しするのと同時に彼との同棲を開始。

 付き合い始めてすぐだったのもあり、初めは家での過ごし方などで嫌になってしまわないかと不安でしたが、同棲生活を始めると不安などなくなりました。むしろ、仕事上がりや休日で互いの家に通っていたのがなくなり楽になって、勤務が違う時でも逢える喜びの方が大きかったです。

 見送りができたり、帰ってきてから人がいる安心感だったり、気持ち的にもとてもしあわせで、なかなか逢えなかった日々を思い出せなくなるぐらいにいつでも逢えるので。

 それに、彼の意外な一面なども見れるので毎日発見があったりして楽しい。前はひとりでやっていた掃除や洗濯などもふたりでやると苦にならなかったり。

家事のことで言うと、料理が好きになれたのは私的にプラスポイントでした。元々めんどくさがりで料理はしたいけどコンビニやスーパーなどで手軽に済ませてしまう事も多かったのですが、彼と一緒に過ごすようになってからは積極的に料理する事が増えました。仕事で疲れて帰ってくる彼のために作るのが楽しくて嬉しいので。

 「健康にも良くて彼の好きなもの…」「偏った食生活にしないようにしないと!」とメニューを考えるのは大変ですが、それもまたしあわせのひとつだと気づきました。自分の為にはしなかった事が彼の為にと思うと出来ちゃったりして、そういう風に誰かの為に頑張れるのもとても良いなあと今でもふと思います。

 料理だけじゃなく好きな人の体調や気持ちの変化をいち早く気づいてあげられるのも同棲生活のいい所だと思います。

 

 以上、今回はUさんのお話でした。