読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃめちゃ同棲生活

同棲生活に関して書いたりしている雑記です

同棲してよかったこと。

スポンサーリンク

 付き合って約三年が経ったときに、二人で今後のことを話し合い、結婚を前提に同棲を始めました。

 なぜ彼氏と同棲をしようと思ったのかというと、結婚する前にお互いの生活環境を知り、お互いに歩み寄れるかどうかを検討したいと思ったからです。ある程度期間を決めないと、ずるずると結婚しないまま同棲だけが長くなるのも嫌だったので、二年を目安に同棲生活をスタートしました。同棲を始めて良かったのは、お互いの生活の流れを知れたことです。

 例えば寝る時間が全く違ったのですが、彼氏が一緒に寝れないのは寂しいと言ってくれて嬉しく、彼氏に合わせて早く寝たり、仕事が休みの日は私に付き合って遅くまで一緒に映画鑑賞に付き合ってくれたりと、相手のことを思いながら生活できるのが凄く嬉しかったです。

 また、一緒に楽しいことをすぐ共感できることも同棲しているからこそ、気持ちをすぐに伝えあえるのが幸せだな、と思いました。

 もう一つは、私が体調が悪く寝込んでいると、心配をしてくれて、ご飯などの家事全般を行ってくれたり、病院に連れてってくれたりしてくれた時に、家族のような形が垣間見られ、改めて同棲っていいなと思いました。

 同棲をしてから、お互いに良い意味で気を使わなくなったことと、家族のような愛情が芽生え始めたので、これからも一緒に過ごしたいなと思えることが増えたので、同棲はこれからも長く一緒に過ごしたいと思える人とだったら、結婚前に同棲生活することをお勧めしたいです。

 最後に嬉しかったエピソードはご飯を毎日作る中で、毎日「この~のおかずおいしいね」や、「いつもご飯を作ってくれてありがとう」とお礼をいってくれるので、もっと美味しいご飯を作れるよう頑張ろうって思える位モチベーションがあがるので、嬉しい気持ちになるし、彼氏の好きなおかずを作ってあげたい、と思えるようになりました。

 

 以上、今回はMさん(女性)のお話でした。