読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃめちゃ同棲生活

同棲生活に関して書いたりしている雑記です

同棲生活は絶対にした方がいい!

スポンサーリンク

 同棲生活というと、なんとなくふしだらな印象にとらえるのは以前の話で、現在ではいわゆる事実婚も浸透してきていますよね。私自身、結婚する前の半年間同棲生活を経験しました。そのなかで、同棲するっていいなあ、と思ったエピソードをご紹介いたします。


【1.人と一緒に食べるご飯の美味しさ】

 まず同棲生活を始めて1番に思ったこと、それは自分で作ったご飯の美味しさが格段にアップしていたことです。おそらく好きな人に食べてもらう、という気持ちがそれまでの一人暮らしで作っていた食べれればいいやという食事とは作り方が違っていたのだと思います。

 それから何よりも大切な人と笑いあいながら食べるご飯は格別です。
美味しいね、っていわれると、嬉しい気持ちがふわーっと湧いて出てきます。


【2.好きな人と一緒にいることの安心感】

 私の場合、それまで遠距離でお付き合いしていたので、何よりも頼れる人がいることの安心感が大きかったです。例えば知らない人からのピンポン。

 一人暮らしの時は、出ていいものか悩んで出たり出なかったりしていましたが、自分が出る前に確認してもらえるので安心感が違います。外で大きな音がすると不安でビクビクしていましたが、そんなことも無くなりました。


【3.一緒に寝るって大切なこと】

 一緒の布団やベッドで寝るのに慣れてくると、一人で寝るのが本当に寂しいです。出張で1日開けていったその日は全く眠れませんでした。それまではなんとも思わずに睡眠を取っていましたが、改めて一人になるとなかなか寝付けず…一人暮らしにはもう戻れないと思います。

 度々出張で家を開けることがありますが、一緒に寝ることができるって幸せなんだと実感できました。


【4.見えなかった得意不得意を知る】

 一緒に暮らすと、一日の生活サイクルや家事をお互いにすり合わせるようになりますが、お互いの得意不得意がよくわかります。

 例えば、私は掃除が苦手でしたが料理が得意で、彼は料理は苦手ですが掃除が得意でした。それから自然と掃除は彼担当、その他は私がやりますが、洗濯などはお互いがやれるときにやるようになりました。

 特にルール決めなどはしていませんが、お互いの得意不得意をうまく埋め合わせできることが分かったのも結婚生活に自信が持てました。

 

 結婚を前提に同棲生活することはお互いをよく知ることができたのでやってみて本当に良かったです。

 

以上、今回はYさんのお話でした。