読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃめちゃ同棲生活

同棲生活に関して書いたりしている雑記です

生活にだらしない人だったので同棲しなければよかった

スポンサーリンク

 付き合っていた彼氏と一緒に暮らしたくて、同棲することになりました。付き合っていたときは仕事は銀行員でいい車にも乗り、スーツでびしっと決めていた彼でしたので、きっと同棲しても生活もきちんとしていると思っていました。

 私も生活のしつけには両親が厳しかったので、同じような環境で育った人だと勝手に思ってしまっていたのです。しかし同棲してみてとても驚きました。なんとものすごい生活にだらしない人だったのです。仕事の時は仕方なくこぎれいにしていましたが、家の中の彼は、洋服は脱いだら脱ぎっぱなし、靴は揃えない、食べたものはそのまま、ごみも整理できない男だったのです。

 私はまるで家政婦のような扱いで、彼は同棲したことには大変喜んでいましたが、私はなんで彼の家政婦のような扱いに納得がいきませんでした。

 一緒に住んでみると本当に不公平なことばかりで、生活しているとイライラするようになり、毎日のように喧嘩ばかりしていましたね。こんなことなら、同棲なんてしなければよかったと思いました。

 それでも少しずつ手伝ってもらうようになりなんとか1年は一緒に住んでいましたが、染みついただらしない生活はなかなか治らなかったので、結局同棲は解消しました。やはり恋人同士は一緒に住んではいけないと思いました。

 その後は付き合っていましたが、結婚を決心することができなくて別れました。

 同棲は家賃とかも半分になるのですから、家事なども平等にしなければただの家政婦になってしまいます。その話を先に二人できちんと決めていなかった自分も悪かったと思っています。役割分担をきちんと決めて、光熱費なども半分にするべきです。

 同棲生活は本当に相手の本性が見えてしまうのでおすすめできませんね。

 

 以上、今回はXさんのお話でした。