読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっちゃめちゃ同棲生活

同棲生活に関して書いたりしている雑記です

年下からの熱烈なアプローチ

スポンサーリンク

 私が初めて付き合った人はとても独占欲が強くて、私のことを思い通りにしたいという気持ちの強い人でした。当時私は大学生だったのですが、授業などの最低限の場合を除いて他の男性と会話をすることは良しとされず、ましてや食事の場に他に男性がいるとわかると激怒されました。そんな恋愛が続くわけもなくお別れをしたのですが、私の中で男性への恐怖が抜けず、新しい恋を始めることができずにいました。

 ある日、授業で一つ下の学年の人たちに混ざって実験をすることになり、ある一人の男子学生と知り合うことになりました。彼は他にも私と同じ授業を取っていたのですが、知り合ったことをきっかけに、なぜか隣に座るようになったり、待ち伏せしては偶然を装って話しかけてくるようになりました。しかし私は過去の恋愛の経験から「男性とは気軽に話してはいけない」ということがもう植え付けられてしまっていたので、せっかく話しかけてくれてもなかなか続かず(続けようとせず)心理的にも物理的にも距離を取っていました。

 それでも彼のアプローチは続き、「一緒に映画を見ませんか」、「おいしいお店を見つけたので今度一緒に行きませんか」と誘われるようになりました。私は結局断ることができずに、初めてのデートをすることになりました。話をしていくうちに、彼のまっすぐなところや明るいところに惹かれていくのが自分でもわかりました。しかし、やっぱり付き合うとなるとまた怖い思いをするのではないかという気持ちから、私の方からは積極的になれずにいたのです。

 そんな私に彼は何度も何度もアタックしてくれました。そんな彼の気持ちがうれしくて、「そろそろ新しい恋を始めてもいいのかな。まずは付き合ってみて、だめだったらその時はその時だ」と、私の考え方も変わってきました。彼は私の性格をわかってくれて、授業にもサークル活動にも理解を示してくれました。そして何よりも大きかったのが、彼とお付き合いしたことで、男性への怖さが軽減されたことです。そのおかげで残りの学生生活が充実したものとなり、楽しく過ごすことができました。本当に彼と出会えて、付き合うことができてよかったです。

 

 以上、Hさん(女性)のお話でした。